『六ラプ』東日本サミット レポート

2009年2月8日(日)

新しい民主主義のカタチが見えはじめているような・・・


自称「ゴリゴリの反原発」も、
自称「フツーの主婦」も
20年前から反対運動している人も、
「六ラプ」がきっかけで動き出した人も、
男も女も老いも若きも、その中間も・・・。

集まりました!語り合いました!飲みました!(笑)
『六ヶ所村ラプソディー』東日本サミット@盛岡


以前、映画『六ヶ所村ラプソディ』を見た中国人の女性が鎌仲監督にこう言ったそうです。

「よくこんな映画がつくれたね。中国ならあなたは殺されています」 (怖)

日本では、「まだ」このような映画がつくれる。(TV番組は、もう難しいけれど・・・)
日本では、「まだ」こうやって、国策を変えようとしている市民が集うことができる。

サミット会場で、どなたかが言っていました。
今日ここに集まった人たちはみんな「同じ病気を持つ人たち」ですから!(笑) って

このイベントで出会った方は、優しさと知性とユーモア溢れる人たちばかりでした。
長く市民運動されている方たちは、外見がチョッピリ怖いのですが
勇気を出して話しかけていると、皆さん底抜けに明るくて優しい!

そのギャップがたまらない って、 
このイベント主催者の若い男性が言っていたな~。

たしかに!!!そのギャップは魅力的!
(こんな感じ)


c0197248_15375496.jpg




泣き虫自慢のハブさんは、
再処理工場建設計画が上がったころ(20年前?)から
ず~っと再処理反対のため、行政や企業に対して直接行動をされてきた方。

「計画を止められずに、ここまで来てしまって・・・」
「自分が生きている間には再処理は止められないかも知れない・・・」と
何度も声を詰まらせて、涙を浮かべて話してくれました。
報われることのない、長い辛い活動は、
人の命と尊厳が踏みにじられるような、深い心の傷を抱えることに。

そんなハブさんも
私たち一人ひとりがつながって動き始めた「六ラプ現象」のうねりに浸って
とても嬉しそうな、幸せそうなご様子でした。

「人は理解されることで癒される」って、鎌仲監督がおっしゃっていた。本当ですね。

笑顔の「泣き虫ハブさん」

c0197248_15364164.jpg



今回のイベントに参加してみて
何か大きなものが動き始めていることが、私にもはっきりわかりました。
「私自身が何故あの場にいたのか?」
その意味を知るには、もう少し時間がかかるかも知れませんが・・・。



ここに、東日本市民サミット 盛岡宣言の一部(冒頭部分)を抜粋します。


『六ヶ所村ラプソディ』東日本サミット 盛岡宣言

ドキュメンタリー映画『六ヶ所村ラプソディ』は、
日本各地でそれぞれに生きてきた人々を核燃料再処理工場という「一点」で結びつけた。

海、空、大地などの自然や環境 
食、健康、子ども、私たちを含む生態系
未来に引き継ぐすべてのいのちを守りたいと願う
素朴な私たちの心を揺さぶった。

そして、エネルギーや経済政策の名の下に進められる「国策」という
何か大きなカタマリの根底に、六ヶ所村に住む人々の生活と、
それとは無関係だと思って生きてきた人々とのつながりを浮かび上がらせ、
一挙に私たちを目覚めさせた。

ムリヤリ押し付けられる国家プロジェクトと放射能の不安に、
何をしてよいのか分らず、目の前のできることから始めた個々人のアクションは
「STOP 再処理!LOVE 六ヶ所!」
「海に空に放射能を捨てないで!」というムーブメントとなって日本全国へと広がり
さまざまな企画とネットワークを生み出した。

それぞれの行動には、あるときは思いがけない成果を生み
あるときは苦渋をなめ、紆余曲折しながら、いつしか実際に止めることができる
具体的アクション・プランを求める大きな潮流となった。

無名な一人ひとりの自主的参加による市民サミットは、
ユーモアとウィット、斬新なアイデア、それぞれの持ち味や経験を生かした提案が集まり
真剣な議論を通じて、4つのアクション・プランを決定した。

本サミットは、日本の新しい政策提言の形、
主体的な自治的市民の提言として、私たち自身の手で未来をつくり上げていく
新しい民主主義の姿かもしれない。


今回の東日本市民サミットでは、
具体的な4つのアクション・プランが決まりました。

(続きます)
[PR]
by miauen_nanako | 2009-02-09 15:17 | エネルギーをかんがえる


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧