東京でのイベントに参加します(その1)

7月22日~24日まで、東京に行ってきます。

東京と長野を行き来して、気づいたことがありました。
東京の暮らしは、毎日が「断続的」な時間の積み重ねで出来ているのに対し
長野での暮らしは、「連続的」な感じがするのです。

晴れて暑い日にやること。

雨が降る前にやること。

雨が降ったらやること。

雨がやんだらやること。

春には、夏の準備。

秋には、冬の準備。


人間の都合よりも、
季節や天候の変化を見ながら暮らしていかなくてはならないので、
暮らしを断片的に切り取ってプログラム化がしにくいんだね。
お天気みながら、考え、工夫し、試行錯誤の毎日。
だから面白い。

持続不可能な原子力エネルギーから
持続可能な自然エネルギーにシフトしよう!

というムーブメントも
自然の営みに寄り添った生活を
違った角度から考えることができて、とても面白いです。

このムーブメントは国の政策として、
今や世界中で取り組みが進められています。
日本もそろそろ本気で試行錯誤しようね。

と、いうことで
7月22日は下北沢で、エネルギーシフトをみんなで語り合うカフェイベントに参加します。
ワールド・カフェ形式のイベントは、とっても楽しくておススメです。
ぜひご一緒に~!

c0197248_10242250.jpg


Science Cafe on Thursday
『できるぞ! エネルギーシフト!! 飯田さんと話そう』


2010年7月22日(木)  19:00~
参加費 1000円
開催場所 :【東京】下北沢らぷらす(定員100名)北沢タウンホール11階 研修室3・4
交通アクセス: 小田急線・井の頭線「下北沢」駅南口徒歩5分
小田急バス「北沢タウンホール」下車すぐ(北沢タウンホール~駒沢陸橋)

申込/問い合わせ先: ふろむあ~すcafeOHANA
電話:03-5433-8787

申し込みアドレス:
カフェ・オハナ 問い合わせフォーム
http://milk.candybox.to/from-earth/postmail/postmail.php
エネルギーシフト info@energy-shift.org



電気を選ぶ?!

電気に選択肢があるかないかなんて 考えた事はありませんでした。
考えるキッカケになったのは電気がどうやって作られているか知ったから。
それと坂本龍一さんが「ニューヨークでは電気が選べて、
僕は風力でつくった電気を買っている」と話していたことから。

「そっ そんなことができるの?!?!」(走る衝撃!)

地球は太陽や風や地熱、、、エネルギーを無償で与えてくれています。
クリーンで安全で持続可能(※2)なエネルギーを選びたいという声は広がっている♪

エネルギーシフト(※1)!!

わたし達の暮らしの中で 実現するにはどうしたらいいでしょう!
始めている自治体や企業があります。

持続可能エネルギーの専門家 飯田哲也さんと一緒に
ワールドカフェ(※3)でアイデアを繋げわからないことは 飯田さんに聞いてみましょう!
できるぞ!エネルギーシフト!!



【タイムテーブル】
19:00~20:00 
ご挨拶
映画『ミツバチの羽音と地球の回転』(※4)予告編鑑賞(2分21秒)
ワールドカフェ(飯田さん参加)
ワールドカフェ・テーマ
「エネルギーシフトを考える」
「地域でできること」
「首都圏で考えられること」 など当日発表します。

20:00~21:30
飯田哲也さんのお話とQ&Aとカフェでのお話をわかちあい。
進行: 冨田貴史
※飯田さんのトークタイトルは打ち合わせ中

【プロフィール】
ミスター エネルギーシフト!
◎飯田哲也(いいだ てつなり)さん
(特定非営利活動法人 環境エネルギー政策研究所所長)
http://www.isep.or.jp/

◆わかりづらい言葉の説明

※1 エネルギーシフト
「原子力の平和利用」が始まったときから、環境や安全性への懸念から「脱原子力」の声は途絶える事がありません。しかし原子力利用は国策として進められています。エネルギー問題について国民がきちんと議論し、持続可能で安全性の高いエネルギー利用へ緩やかに変わることを目指します。

※2 持続可能(持続可能性wikipwdia)
持続可能性(じぞくかのうせい、サステナビリティ、英: sustainability)は、人間活動、特に文明の利器を用いた活動が、将来にわたって持続できるかどうかを表す概念である。経済や社会など人間活動全般に用いられるが、特に環境問題やエネルギー問題について使用される。

※3 ワールドカフェ
少人数のグループに分かれて、テーブルごとに設定したテーマについて20分ほど話し合い、机上の模造紙にアイデアや意見を書きます。テーブルを移動し、メンバーを変えながら、アイデアを深めたり、膨らませていく方法で、初めての人同士でも気軽に話せ、ネットワークが自然に広がります。

※4 映画『ミツバチの羽音と地球の回転』
ドキュメンタリー映像作家 鎌仲ひとみ監督最新作。持続可能な社会へシフトしようとするスウェーデン市民。対照的に、国策としても進められる山口県上関町の原子力発電所建設計画。29年間反対を唱える祝島(いわいしま)の人たちの暮らし。エネルギーと人と自然への関心を持たずにいられなくなる映画です。

[PR]
by miauen_nanako | 2010-07-21 10:42 | エネルギーをかんがえる


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧