縦横70cmのお店

8月28日(土)
「ぱてぃお大門」にて開催された
蔵楽庭(くらにわ)あそび Vol.3
に参加させていただきました。

「一箱市」では
縦横70cmの木の箱を使ったお店屋さんがズラリ。

使っているのはどれも同じ箱なのに、
想いが込められた商品が飾られることで、
いくつもの小さな世界が出来上がっていました。

c0197248_16594516.jpg


c0197248_17003.jpg


c0197248_170135.jpg


c0197248_170296.jpg


c0197248_1704492.jpg


c0197248_1732669.jpg


c0197248_1711553.jpg



      072.gif   072.gif   072.gif   


「ぱてぃお大門」は、善光寺の門前にある、古い商家を生かした商業施設です。

私がまだ長野に来たばかりの「ぱてぃお大門」の印象は
「観光客相手のテナント施設」という感じがして、
なんとなく入り辛い場所だな~って思っていました。


ぱてぃお大門の歴史をよくよく伺ってみると・・・
この敷地は、もともと昭和30年ころまで営業していた履物屋さんの跡地で、
履物屋さんが閉店した後には、家具屋さんやおもちゃ屋さんがテナントとして営業。
しかし、おもちゃ屋さんが閉店した昭和50年代から30年近く、空き家のまま放置され
荒れ果てていたそうです。

この土地の売却話が持ち上がったとき、
「大門らしい景観を残そう!」と、大門町南方の有志の方々が
この土地と建物を買い取ったのが2001年。
朽ち果てようとしていた蔵や商家を再建し、
2002年に現在の「ぱてぃお大門」としてOPENしたそうです。


そんな想いの込められた貴重なスペース。
でも、なんとなく敷居が高い。。。


「蔵楽庭あそび」は、
長野市に暮らす市民が、もっと気軽に集える場所になるといいねって
カフェ・マゼコゼさんが中心になって、ぱてぃお大門のテナントさんたちと調整しながら
月に1~2回程度開催していく予定の、実験的な試みです。

中庭でゆるりとすごすひと時が、口コミで広がって
長野で暮らす人たちと、観光でいらした人たちが
いい感じで混ざり合う場になればいいですね。

次回もぜひ参加させていただきます。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-29 17:33 | 長野での暮らし


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧