あっという間の2月でした!

長野に来てから、私の時間の概念が変わりました。

はっきりした四季とともに暮らしているからでしょうか?
出会いのスピードがとてつもなく早いせいでしょうか?

とにかく、「あっ!」という間に時間が経ってしまい
とても中味が濃いのに、ものすごく展開が早いのです。


長野に移住して間もないというのに
大きなホールで「ミツバチの羽音と地球の回転」上映会を開けたのは
長野で出会えたすばらしい仲間や、口コミで広げてくださったみなさんのおかげです。

たくさんの「わ!」を、心から実感した1日でした。
ありがとうございます。

c0197248_22291238.jpg



2011年2月11日(金)
 
雪にもかかわらず、500名におよぶ来場者。
カフェなどに置いたチラシが手から手へと渡り、口コミで多くの方に情報が広まったようです。

c0197248_22341121.jpg



長野上映会のコンセプトは「長野での持続可能な暮らしを考える」。
映画を観るだけではなく、会場演出やトーク企画で
地域でのつながりの大切さや持続可能なライフスタイルの楽しさを
お伝えすることができたのではないかと思います。

演出の1つとしてホール正面にモンゴルの遊牧民が使用するゲルを立て、
映画を観終わった方々の「ふれあいの場」を設けました。
ゲルは化石燃料に頼らない暮らしのシンボルでもあります。

c0197248_2232108.jpg


鎌仲ひとみ監督とのフリートークに出演してくださったのは
長野市で「持続可能な暮らし」を実践している3名の方。
飯綱で薪窯パン屋さんをオープンした「ベッカライ麦星」の鈴木寛さん
西之門のふとん屋さんの4代目「箱山ふとん店」の箱山正一さん
新町で米作りと炭焼きにチャレンジしている「VAZAT商會」の植野翔さん。

c0197248_22355283.jpg


長野で手間をかけて生産されたものをもっと利用して、地域経済を元気にしたいという話に、
会場の皆さんもうなずいていました。

エネルギー問題の映画上映会を通じて「地域のつながりの大切さを」を考えた1日。

上映会は終わりましたが、その余韻は大きく
「長野でのエネルギーシフトがいよいよ始まったよ」
というささやきが聞こえています。
[PR]
by miauen_nanako | 2011-03-02 22:36 | 長野での暮らし


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧