カテゴリ:長野での暮らし( 21 )

おせちとひなた

c0197248_13521348.jpg
新春2011 

本年もどうぞよろしく
お願い申し上げます。


************ ************* *************

大晦日の夜。
諏訪神社の祭典委員を仰せつかったりゅうちゃんは、
お宮で初詣の準備のため不在。
ひなたと二人きりで紅白歌合戦を見て過ごしました。


祭典委員のお仕事は
寄付集め、さまざまな神事、お宮の準備、250人分のおでんの仕込み、お札売り・・・。
お宮の仕事を終えてりゅうちゃんが帰って来たのは、元旦の明け方。

なんだかとても大変そうでしたが
こうやって地域の祭りや行事に参加することで
コミュニティの中で少しずつ認めていただき、
自分たちの生活の場をつくって行っている感じです。

c0197248_14574199.jpg


c0197248_14575097.jpg



長野市は天気予報が外れて、満天の星空の大晦日。

お宮の焚き火にあたりながら
「これからずっとここで暮らして行くんだ・・・」とつぶやいてみた。
うーん、実感があるような無いような・・・。

見上げると、冬の夜空に白く流れる天の川があまりにきれいだった。
東京の友人たちにも見せてあげたい。

さ、今年はちゃんと地に足つけてがんばろう!!!かな?
[PR]
by miauen_nanako | 2011-01-03 15:06 | 長野での暮らし

仕舞いそびれた風鈴

c0197248_14515310.jpg


仕舞うのが惜しくて
そのまま冬を迎えてしまった風鈴

松飾が飾られる前に、あわてて仕舞った
雪がチラつく長野の年の瀬

みなさま、よいお年を。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-29 14:51 | 長野での暮らし

長野市民新聞

今日、12月14日の長野市民新聞に
「水カンリンバ」のワークショップ告知記事を掲載していただきました。


c0197248_183831100.jpg


c0197248_18383184.jpg


さっそく、本日3名の方が「参加したい」と予約の電話をくださいました。
「やさいずくし」の取材にも来て下さった長野市民新聞のM記者さん。
彼の書いた紹介記事がとてもわかりやすいので、全文転記します。
M記者さん、ありがとうございました。
ワークショップ当日も取材に来てくださいねー!

地方は、メディアと市民との距離がとても近いです。


  056.gif  056.gif  056.gif

(以下、長野市民新聞からの引用です)

空缶使って素朴な楽器
水カンリンバを作ろう

長門町で講習会
19日に飯山の考案者招いて



空缶と水で作る素朴な楽器「水カンリンバ」のワークショップが19日、
長門町の喫茶店「カフェ・マゼコゼ」で開かれる。
全国各地を旅して水カンリンバを広めている考案者の丸山祐一郎さん(飯山市)が、
楽器の作り方から演奏の仕方まで、水カンリンバの魅力を伝える。



水カンリンバは、空き缶4個を縦に重ねて周囲を和紙で巻いたもので
長さは約40センチ。中央の2つの缶に水が半分ほど入っており、
缶の端に取り付けた鍵盤を指ではじいて演奏する。
空き缶の金属音が水に反響して生み出される独特の音色が特徴だ。

空き缶の中に入れる水は、楽器をつくる土地の水を使うのが
丸山さんのこだわり。今回は、新諏訪の湧き水「瓜割清水(うりわりしみず)」を
入れる予定という。

ワークショップは、北信地方の市民有志で構成し、地産地消や自給自足など
持続可能なライフスタイルを目指すネットワーク「わ!ながの」が
長野市内で初めて企画。
「子どもから大人まで親しめるどこか懐かしいような、癒される音色が
水カンリンバの特色。気軽に参加してほしい」とPRしている。

(引用、ここまで)


 056.gif  056.gif  056.gif

水カンリンバの考案者、丸山祐一郎さんは
映画「1/4の奇跡~本当のことだから~」
山本加津子先生(通称:かっこちゃん)のご友人です。
先月は、かっこちゃんのご同僚で、
脳幹出血で入院中の宮田敏也先生(通称:宮ぷー)を励ますために
金沢の病院に行ってきたばかり。
その時のことが書かれた「宮ぷーさんのブログ」です。

しかも、祐一郎さんとパートナーのはるちゃんは、
私たちの結婚式の司会を務めてくれた「やれできマラソン」の草太くんとも仲良しで、
なんだか、いろいろなものを引き寄せてしまう、素敵な方たちなのです。

ぜひ、ぜひ、会いにいらしてください。


056.gif  056.gif  056.gif


☆*.「水カンリンバをつくろうよ♪」.*☆

水カンリンバのワークショップと演奏会

日時:12月19日(日) 13:30~15:30
参加費:1500円(材料費、お茶代込み)

マリオさんの相棒“はるちゃん”こと
筆文字デザイナーこやまはるこさんの創作作品も展示します。

【会場】
カフェ・マゼコゼ
長野市長門町1076-2
TEL 026-225-9380


【丸山祐一郎さん&はるちゃんのブログ】
大切なものは手から手へ
http://ameblo.jp/mizukanrinba/

[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-14 18:38 | 長野での暮らし

助成金審査プレゼンの顛末

昨日は、ハラハラ、ドキドキの
社会福祉協議会 ボランティア活動支援助成金 公開審査プレゼンに参加。
おかげさまで、希望額の5万円を助成していただけることになりました。

助成金をいただくための公開プレゼン初体験。
書きたいことがたくさんあるのですが、
時間がなーい!!!

今日は、飯山でのおみやげ開発プロジェクトのミーティングに参加です。(汗々)
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-13 13:10 | 長野での暮らし

決してプレゼンが得意なわけではないのですが

明日は、「長野市社会福祉協議会」に「わ!ながの」の活動をプレゼンします。
ボランティア活動事業への助成金申請のためのプレゼンテーション。
その場で公開審査があって、助成してもらえるかどうかが決まります。

段ボールで、プレゼン用ボード、つくりました。

c0197248_23294215.jpg


c0197248_23294299.jpg


なんだかプレゼンばかりしている気がします。(笑)
決して得意ではないんだけど、役割ですかね。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-11 23:29 | 長野での暮らし

信州といえば、味噌?

最近では「みそプリン」や「みそマカロン」などのスイーツも人気の信州味噌の話。

東京にいるときには、
「ハナマルキ」「タケヤ」「信州一」などの大手味噌メーカーは長野にあるんだ・・・
くらいにしか思っていませんでしたが
実は、創業100年を裕に超える大小の味噌蔵が長野県のあちらこちらにあって
地ビールならぬ、「地味噌」選び放題。
まさに信州といえば味噌!なのです。

家の近くにも、古くから地域に愛されている味噌蔵が2件あります。
その1つは嘉永元年(1848年)創業の「三原屋」さん。
善光寺の門前、桜枝町にある土蔵づくりの店舗は、国登録文化財にも指定されています。

c0197248_16312374.jpg


長野に来て、はじめて三原屋さんの仕込み味噌を食べたときは
「ちょっと味が濃いなぁ」と思いました。
防腐剤や保存料を一切使っていないので、やや「塩」が濃い目なのです。
さらに長野県産の大豆にこだわって、じっくり熟成させているのでコクや旨みも濃い目。
天然醸造なので、仕込んだ季節(温度など)によって味わいが微妙に異なり
「味噌は生きているんだな~」と、その醍醐味を楽しめます。

c0197248_16312317.jpg


三原屋さんの後継者(6代目)が、私と同世代で
以前、こんな興味深いお話を聞かせてくださいました。


彼は、長野の小さな味噌屋の後取りになるのが嫌で
一生懸命勉強して、大学卒業後は某大手医薬品メーカーに就職しました。
ケミカルな世界で、さまざまな薬の開発や、人体のメカニズムについて研究し
ハードな毎日を過ごされていたそうです。

そんな超多忙な毎日の中で見出した答えは
「どんなに優れた薬も、昔ながらの発酵食品を取り入れた食事には敵わない」
ということ。

それに気づいて、家業を継ぐべく、長野に戻ってこられたそうです。

「ずいぶん遠回りしたけれど、医薬品メーカーでの経験がなかったら
大切なことに気づけなかったね」とおっしゃる、その笑顔がとてもステキでした。


私は生きている間に
「私が本当にやりたかったことはコレだったんだ!」というものに出会えるのかなぁ?
それとも、もう既に出会えているのに、当たり前すぎで気づいていないのかなぁ?


信州には味噌をつかった料理がたくさんあります。
上達したらレシピ披露しまーす。003.gif
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-05 16:31 | 長野での暮らし

まちの縁側になれるかな?

この家でずっと使われていた郵便ポスト。
家の外に設置してあったので、
郵便物を取る際は一度外に出なければなりませんでした。
特に冬場はつらいです!!!
c0197248_13201555.jpg


そこで、大工の隆ちゃん登場!(本職は電気屋です)
c0197248_13201521.jpg

c0197248_13201541.jpg


トタン張りだった家の正面の壁面が
漆喰仕立ての、郵便ポストビルトイン壁に化粧直しされました。
これなら、××党のポスターも貼られなくて済みそうです(笑)。
c0197248_13201510.jpg


郵便物も回覧板も家の中で受取れます。
冬に備えて、一安心。
c0197248_13201599.jpg


このように少しずつですが、玄関周りを手直しして
誰もが気軽に立ち寄っていただける場、
「まちの縁側」になることをめざしています。

「まちの縁側」になれるかな?
明日、9月29日は「まちの縁側大楽」に参加します。

c0197248_1411265.jpg
c0197248_1413895.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2010-09-28 13:20 | 長野での暮らし

縦横70cmのお店

8月28日(土)
「ぱてぃお大門」にて開催された
蔵楽庭(くらにわ)あそび Vol.3
に参加させていただきました。

「一箱市」では
縦横70cmの木の箱を使ったお店屋さんがズラリ。

使っているのはどれも同じ箱なのに、
想いが込められた商品が飾られることで、
いくつもの小さな世界が出来上がっていました。

c0197248_16594516.jpg


c0197248_17003.jpg


c0197248_170135.jpg


c0197248_170296.jpg


c0197248_1704492.jpg


c0197248_1732669.jpg


c0197248_1711553.jpg



      072.gif   072.gif   072.gif   


「ぱてぃお大門」は、善光寺の門前にある、古い商家を生かした商業施設です。

私がまだ長野に来たばかりの「ぱてぃお大門」の印象は
「観光客相手のテナント施設」という感じがして、
なんとなく入り辛い場所だな~って思っていました。


ぱてぃお大門の歴史をよくよく伺ってみると・・・
この敷地は、もともと昭和30年ころまで営業していた履物屋さんの跡地で、
履物屋さんが閉店した後には、家具屋さんやおもちゃ屋さんがテナントとして営業。
しかし、おもちゃ屋さんが閉店した昭和50年代から30年近く、空き家のまま放置され
荒れ果てていたそうです。

この土地の売却話が持ち上がったとき、
「大門らしい景観を残そう!」と、大門町南方の有志の方々が
この土地と建物を買い取ったのが2001年。
朽ち果てようとしていた蔵や商家を再建し、
2002年に現在の「ぱてぃお大門」としてOPENしたそうです。


そんな想いの込められた貴重なスペース。
でも、なんとなく敷居が高い。。。


「蔵楽庭あそび」は、
長野市に暮らす市民が、もっと気軽に集える場所になるといいねって
カフェ・マゼコゼさんが中心になって、ぱてぃお大門のテナントさんたちと調整しながら
月に1~2回程度開催していく予定の、実験的な試みです。

中庭でゆるりとすごすひと時が、口コミで広がって
長野で暮らす人たちと、観光でいらした人たちが
いい感じで混ざり合う場になればいいですね。

次回もぜひ参加させていただきます。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-29 17:33 | 長野での暮らし

楽しかった~!西の門市

「いや~暑いね~」
が挨拶代わりだった、8月22日西の門市。

せっかくの打ち水も、あっという間に蒸発してしまう激暑の中、
出店されたみなさん、
足を運んでくださったみなさん、
ナノグラフィカさんを中心としたスタッフのみなさん
ガレージや軒下を提供してくださった西の門町のみなさん・・・

今回も、楽しかったです!!!
どうもありがとうございました~。


おばあちゃんのハギレSet
c0197248_18321759.jpg


無農薬の野菜たち
c0197248_18321743.jpg


コチラは古本・映画チラシの「寄り道」さん。
古本への想いや、楽しい話をたくさん聞かせてくださいました。
c0197248_18321742.jpg


局チョー!お世話になりました。
桜枝町郵便局長のKさんは、西の門市の考え方に共感して
信濃町の自宅で育てたとうもろこしをたーくさん持って参加されていました。
笑顔が素敵な、半農半局チョー!
c0197248_18321770.jpg


隣の駐車場では、西の門町の神輿を守る会の皆さんが
仕舞われていた町神輿を倉から出して、きれいに掃除をしていました。
倉から出たのは25年ぶりだとか!?

Iターン組、Uターン組、そして地元の人たちがあいまって、
門前町が少しづつ元気になっている証拠でしょうか?
この神輿が再び担がれる日は近いのかも?
c0197248_18321712.jpg


本日の西の門市。
東京からはりゅうちゃんの仕事仲間のHさん夫妻も遊びに来てくれました。
ありがとうございます!楽しんでもらえたかな?


・・・今頃東京では芸工展の準備が佳境だろうな~。
なんて、懐かしく思い出しながら、長野での夏のイベント参加を楽しんでいる2010年です。


     072.gif  072.gif  072.gif


8月28日(土)は、
ぱてぃお大門で開催される
蔵庭あそびの「一箱市」に参加させていただくことになりました!

毎月1~2回土曜の夕方
善光寺門前「ぱてぃお大門」の広場で
音楽や朗読、一箱市、ワークショップなどを楽しみながら
ゆるりとすごす、新たな取り組みのイベントです。
中心となってガンバっているのはカフェ・マゼコゼさん
いつもありがとうございます。

古民家工房URIWARIからは、野菜・ハギレ・コーヒーの販売で
ぱてぃお大門の空間に参加させていただきまーす。

c0197248_19163653.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-23 18:32 | 長野での暮らし

ハギレのコラージュ?

明日、8月22日(日)は「西の門市」に出店します。

「西の門市」は、ナノグラフィカさんが中心となって展開している
「門前暮らしのすすめプロジェクト」のイベントの1つ。
善光寺の門前町に暮らしながら、
ゆるやかなつながりを築いて行こうという活動です。
(私の住む新諏訪は、門前町のはずれギリギリか?)

先月の初出店は、大変な猛暑の中、
暑すぎてお客さんはさっ~ぱり!(笑)。

ですが、その分
出店者のみなさんとゆっくり交流することができました。

明日も新たな出会いがあるかもね。
楽しみです。


*** *** *** *** *** ***

「西の門市」は、「手作りのものを持ち寄る」のが出店条件なので
りゅうちゃんと、従兄のKさんが丹精込めてつくった夏野菜をメインに
りゅうちゃんのお祖母さんが残してくれた、
着物のハギレを販売させていただきます。

山ほどあるハギレの中から、
ピンと来た色や柄を選んで袋に入れていく作業は
さながら「ハギレのコラージュ」づくりのようで楽しいですよ。

c0197248_17305598.jpg

c0197248_17305545.jpg

c0197248_17305578.jpg


ハギレでくるみボタンもつくりました。
c0197248_17305572.jpg



明日の西の門市には、下記のみなさんが出店されるそうです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
フレフレ(きりえやペーパークラフト)
アトリエCliche(トールペイント作品)
種まく人工房(手織り、草木染の麻・絹のマフラーストール)
麦ダンス(豆、麦、雑穀を使ったお菓子やパン)
Oink工房(シルバーや彫金、ガラスのアクセサリー)
小笠原栄子(ケーキ等の焼き菓子、ジャム)
古民家工房 URIWARI(古道具、古着、ハギレ、コーヒー)
まあるまふぃん(野菜やくだもの、ナッツのマフィン)
ma-saki*(布小物、編物小物)
いのちはぐくむお菓子やさん*iku*(パン、焼き菓子)
karakoro(ガラスノアクセサリー、布小物)
Honey RIPPLE帽子屋(帽子、雑貨)
クラフトもっぷ(ポーチ、ヘア小物、ストール、木工おもちゃ)
Lanai(布小物、多肉植物、編み小物)
ワークスペース夢工房(さきおり織製品)
お茶処やじろべえ(焼き菓子、アクセサリー)
RHYTHM(布小物、バックなど)
本屋 寄り道(美術・建築・絵本等の古本、映画チラシ)
Angel sound(布小物、がま口、バック)
福屋キムチ(キムチほか)
手作り雑貨 Y&K(布小物、アクリルタワシ、木工製品)
chu chu(スイーツデコ、コサージュ)
hana*hana(布小物、バック)
Rose Mama(レース編み、布小物、布バッグ)
てっちゃん農園(野菜)
信濃町野菜(野菜)
箱山ふとん店(まくら)
小松屋荒物雑貨店(荒物雑貨)
原種苗店(野菜)
[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-21 17:30 | 長野での暮らし


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧