「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ゆっくりいきる( 72 )

祝島からびわが届きました

c0197248_1954507.jpg


c0197248_19545079.jpg


祝島のえびすやさんより、思いがけない贈り物。
小粒ですが、瑞々しく、しっかりとした甘みと酸味。

電話でお礼を伝えて、またびわ茶を注文しました。
[PR]
by miauen_nanako | 2011-06-18 19:54 | ゆっくりいきる

月食のエネルギーで・・・

昨日は、1日中眠くてだるくて。
満月と月食のダブルのパワー、かなりきつかったです。
月食中は、長野は曇り空でよかった。
晴れていたら相当強いエネルギーの影響があったと思います。

と、
ブログ更新が滞っている「いいわけ」をつぶやいてみました(苦笑)


ひなたに、サンタクロースの服を着せたら
りゅうちゃんに「どうぶつに服を着せてはいけません!」と叱られた。

c0197248_1449843.jpg


c0197248_1449845.jpg


この絵本、気持ちが落ち込んだときにおススメです。
かなり笑えます!

どうぶつにふくをきせてはいけません

ジュディ バレット / 朔北社


[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-22 14:49 | ゆっくりいきる

空缶を集めて楽器にしよう!

c0197248_12344496.jpg

c0197248_12344436.jpg

c0197248_12344488.jpg


あさっての「水カンリンバ」WS用に
資源ごみ回収所からスチール缶を60個いただきました。

家の台所で1つ1つ洗っていたのですが、
中に吸殻が入っているものがいくつもあって・・・
タバコが苦手な私は、吸殻入り空缶を洗うのを断念。


でもね、実は私も、以前タバコを吸っていた時には
缶コーヒーの空缶に吸殻を入れて捨てたことが何度もあるんです。
そのときは、こんなふうに困る人がいることは全くイメージできなかった。
自分のやったことが、自分に戻ってきた。
今更ながらゴメンナサイ。


空缶でつくる楽器「水カンリンバ」は、私にいろいろなことを教えてくれています。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-17 12:34 | ゆっくりいきる

薪窯のあるパン屋さん@飯綱

友だちの友だちは、やっぱり友だちだったシリーズです。

c0197248_19493657.jpg


間伐材を利用した薪窯で焼かれたベッカライ麦星さんのパン。
ドイツで食べたパンの味が、思い出とともによみがえりました!

ベッカライ麦星のヒロさんとヨシコちゃんは
オーストリア 東チロルでパン焼きの修行をされ
いろいろなご縁に導かれて、長野県の飯綱山にお店をオープンさせてがんばっています。

長野に来る前は東京の三鷹にお住まいだったヒロさんとヨシコちゃん。
お話をうかがうと、またまた共通の知り合いがいっぱい。
「みんなつながっていたんだね~!!!」
しかし、なんでみんな長野に集まっているんでしょうかね?



写真は、先月に麦星さんが開いてくれた
丸山祐一郎さんとはるちゃんの演奏会の様子です。
参加者全員が楽器を持っていろいろな音を鳴らしたり、紙飛行機をとばしたり、
りんごのピザもとてもおいしくて、本当にたのしい音楽会でした。
ありがとうございました。


c0197248_19495631.jpg
c0197248_1950879.jpg
c0197248_19501741.jpg
c0197248_19502533.jpg
c0197248_19503195.jpg
c0197248_1951898.jpg
c0197248_19511492.jpg
c0197248_19512112.jpg



丸山祐一郎さんとはるちゃんの「水カンリンバづくりワークショップ」
12月19日(日) 13:30より
カフェ・マゼコゼにて開催します。

きっと楽しい会になると思います。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-04 20:15 | ゆっくりいきる

12月のブログマラソン

ブログの更新が20日も滞ってしまいました。

この間、週一回のペースで東京出張があり

・新しいカーシェアリング会社の会員向けハンドブックの企画、原稿作成
・大手インクメーカーの業界誌向け広告コピー作成
・福祉用具の広告コンペ企画、コピー作成、プレゼン
・都内外食店出店のための市場調査設計
・某大学の入学案内パンフレット原稿作成

と、なんと5つものお仕事が同時に発生。
11月は、久しぶりに「本業」にエネルギーを費やした一ヶ月でした。
だいぶ消耗しています。。。emoticon-0141-whew.gif


浅草に住む友人が、毎年12月に「ブログ毎日更新」にチャレンジしているので
私もまねっこしてみようと思うのですが、何日続くでしょうかねー。
ちなみに去年は、10日で連続更新を挫折しています。(苦笑)

emoticon-0169-dance.gif emoticon-0169-dance.gif emoticon-0169-dance.gif

写真は、長野の家の窓から見た景色(上)と
西日暮里の母のマンションから見た景色(下)。
窓の下を走るのはモノレール・舎人(とねり)ライナーです。

c0197248_9274749.jpg

c0197248_9274739.jpg


一人暮らしの母は、山手線沿線での生活が性に合っているようです。
兄妹や姪っ子がちょくちょく来れるので寂しくないし
どこにでも行きたい所に行けるしね。

ん?私は、行きたい所に行けるのかな?
[PR]
by miauen_nanako | 2010-12-01 09:27 | ゆっくりいきる

長野で火鉢ライフ

台所の収納スペースから、大きな火鉢が出てきました。
直径は55センチとかなり大きめです。

ホコリだらけの火鉢を、雑巾で拭いてみると・・・
とてもきれいな深い藍色の陶製火鉢でした。 
わーい、ステキだ~!

c0197248_1117191.jpg


溶接工のりゅうちゃんが(←本業は電気屋ですが)
ホームセンターで買ってきた鉄の棒を曲げて、つなげて
お手製の五徳を作ってくれました。

c0197248_11171960.jpg


さっそく手持ちのヤカン(ピーピーケトル)を乗せてみたけれど、
洋風なものは全く似合わないので却下。(笑)
ステキな鉄瓶が欲しいところです。
(家中を探せば出てくるかも知れません)

炭は、とりあえず試しに、
ホームセンターで「マングローブ炭」というのを購入して使ってみました。
(なんせ、値段が安かったので。)

マングローブ炭はすぐに着火しますが、
燃え尽きるのも早いようで火持ちはイマイチかも。

炭選びは奥が深そうですね・・・。

c0197248_11171987.jpg


火鉢の傍にいると、遠赤外線効果でじわじわと体が温まってきます。


火をおこしたり、
火箸で炭をコロコロしてみたり、
火の様子を見ながら炭を追加してみたり、
なんともいえず楽しい。

「せっかくなので、次は長野産の炭を買おうね」と、決めました。
りゅうちゃんが計算したところ、石油ストーブにつかう灯油のコストと
ほとんど変わらないそうです。


最近はオール電化の家が多くなって
火の扱い方を知らない子どもが増えているそうです。
日常生活から、火の温かさ・美しさ・怖さ、火の始末などを
学ぶ機会が無くなっているのですね。
emoticon-0124-worried.gif

暖かくて、美しい炭火を囲みながら
みんなでおいしいもの食べる会でも企画したいと思います。

* * *

夏の間に、ひなたがビリビリしてくれたおかげで風通しが良くなった障子。
りゅうちゃんが黙々と張替えてくれています。
着々と冬支度、進行中。

c0197248_11171963.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2010-11-02 11:17 | ゆっくりいきる

雨の音、聞こえていますか?

私たちの住んでいる長野市新諏訪のお宮のお祭りは
長野市の無形文化財に指定されている煙火(花火)が有名です。

わがまちの誇る「瓜割煙火(うりわりえんか)」の皆さんの雄姿を
りゅうちゃんがブログにアップしてくれました。

古民家工房URIWARI日記

小さな小さな花火大会ですが
神事としての神聖さと、あたたかな手づくり感の両方が味わえる
思考を凝らした仕掛け花火の数々。

ハラハラドキドキの連続で、
まちに暮らす人々が一体となったひとときでした。

新諏訪の煙火は、毎年9月23日に開催されますので
みなさん、ぜひ見に来てください。


  emoticon-0156-rain.gif  emoticon-0156-rain.gif  emoticon-0156-rain.gif


この日は朝から雨模様で、花火が開催されるかどうか心配される中、
千葉からお友だちのKさんが遊びに来てくれていたので
「信州の観光案内をしよう!」とはりきって、
大好きな飯山線に乗り、長野市のお隣の飯山市に出かけました。


雨の奥信濃。 女ふたりで、寺めぐり。 
なんだか心が鎮まります。

先ず最初に訪れたのは、かやぶき屋根のひっそりとしたお寺「正受庵」。
私たち以外に誰もいません。

c0197248_22203261.jpg



本堂の回廊に腰をかけ、二人でただぼんやりとしていたら
Kさんがポツリと一言。

「私、久しぶりに雨の音聞いてる・・・」

雨の音に意識を向けてみると、
かやぶきの屋根にあたる雨の音はトントンと深く響き、
木々の葉っぱにあたる雨の音はパラパラと軽やか、
石にあたる雨の音はぴっちぴっちと澄んでいて、
いつまでも聞き飽きないのです。

ああ、確かに
東京にいた時には、こんなふうに雨の音を聞く機会がなかったかも。

「実は、いまさらだけど『花ってきれいだな~』って、最近つくづく思うんだよね」
「私も最近そう思ってた・・・。花ってすごいよね。」

秋の花々の美しさを前に、このような会話を交わしながらゆるゆると
雨もまた良しの信州めぐり。

c0197248_21371626.jpg


朝から降り続いた雨でしたが、飯山から新諏訪に戻り
花火が始まる頃には奇跡的に雨が上がって、きれいな月夜となりました。
晴れ女、演出しすぎ?

昼は雨の寺めぐり、夜は迫力満点の花火と、
静と動を満喫した秋の1日でした。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-10-04 21:37 | ゆっくりいきる

くるみの木のオーナーになってみる?

2年前にオーナーになったことで、
“私はくるみの木を育てている”という心のゆとりをもらった気がします。


これは、昨日のみぽちゃんのことば。

長野県飯山市北原区で2年前に植樹されたくるみの木。
オーナーになったみぽちゃんと旦那さまのかぜよしさんが
成長したくるみの木に会いに飯山を訪問されるというので
私もごいっしょさせていただきました。


c0197248_9482279.jpg


くるみの木とご対面の、みぽちゃん&かぜよしさん
c0197248_9482292.jpg



くるみの木を管理しているのは
飯山市瑞穂地区のわずか30戸の集落、北原区に暮らす方々。
千曲川のほとり、日本の原風景が残るこの里で、
過疎化により荒廃してしまった農地1.3ヘクタールを
北原の住民の有志のみなさんが整地し45本のくるみの苗木を植えたそうです。


くるみは成長が早く、5年後には実が販売できるので
ゆくゆくはくるみ販売を柱としたコミュニティビジネスへと発展させたいとのこと。

出資金1万円で、誰でもくるみの木の永久オーナーになれます。
北原の集落のみなさんが、ほんとうに懸命に責任を持って
1本1本大事に、くるみの木をお世話をしてくださいます。

1万円は大金だったけれど、この取り組みに心を動かされ、
思い切ってオーナーに申込んだみぽちゃん。
その想いが通じているのか、みぽちゃんの木はすくすくと元気に育っていました。
そして昨日は、お金には代えられないステキな出会いがいっぱいでした。

みぽちゃん、かぜよしさん、北原のみなさん
ありがとうございました。

私にも何かできることがあるかも・・・。
そんな勇気と優しさをもらった1日。
私も東京に暮らす母と1本ずつ、くるみの木のオーナーに申込んでみようと思います。

▼くるみの木のオーナー申し込みは、コチラから。
北原区ふるさと暮らし支援委員会HP

オーナーのおひとりに、「いのちのスープ」の辰巳芳子さんがいらっしゃいます。
そもそも北原のみなさんがくるみの木オーナー制度をはじめたきっかけは
辰巳芳子さんが「大豆100粒運動に続いて、次はクルミよ!」という一言からだったとか。


飯山市とゆかりのある辰巳芳子さん。
9月25日(土)~26日(日)に、飯山で辰巳さんのお話会がありますよ。

c0197248_11502889.jpg


信州飯山 第5回 料理研究家 辰巳芳子先生「お話と調理の懇親会」 in 信州 飯山

会場: いいやま北竜温泉 文化北竜館 

◆9月25日(土)
・第一部 10:00~12:00 講演「長野県でおなじみのおやきをテーマに」(メイプル)
・第二部 12:30~14:00 懇親会(昼食会)(食堂ホール)


◆9月26日(日)
・第一部 10:00~11:30 先生を囲んでの茶話会(メイプル)
・第二部 11:30~12:00 写真撮影(正面玄関前)


主催:文化北竜館(森林セラピーサブセンター)
共催:信州いいやま観光局・飯山市森林セラピー協議会

お申込みはFAXのみでの受付とさせていただきます。
お申込みを希望される方はFAX申込用紙をダウンロードし、北竜館あてにお送りください。
FAX:0269-65-4515 (文化北竜館)


辰巳 芳子先生のプロフィール

料理研究家、随筆家。1924年生まれ。聖心女子学院卒業。
安全で良質な食材を次の世代に用意せねばとの思いから「良い食材を伝える会」「確かな味を造る会」
「大豆100粒運動を支える会」を設立。日本の食のありように提言を続けている。
また、父親への8年に及ぶ看護の経験から生まれた著書『あなたのために いのちを支えるスープ』(文化出版局刊) 『辰巳芳子 いのちを養う四季のスープ』(NHK出版)は大きな反響を呼んでいる。

[PR]
by miauen_nanako | 2010-09-12 09:48 | ゆっくりいきる

町内会の夏祭り

昨日8月14日は、新諏訪町あげての夏祭りでした。
のどか~(笑)

ここの町内会のお祭りを始めて、今年で4年目だそうです。
私は戸隠産の野菜の直売をお手伝いしました。
野菜を売りながら、地域に暮らす方々との交流が自然にできたので、
ありがたかったな~。

c0197248_12311987.jpg

c0197248_12311947.jpg

c0197248_12311939.jpg

c0197248_12311983.jpg

c0197248_12311971.jpg



ところで、野菜の直売といえば、
こんなサイトをOPENしました・・・・。

有機栽培に取組む信州の農家さんと
フェアトレードでつながるおいしい関係

やさいずくし
http://shinsyu-yasai.com/


詳細は後日、改めてご案内しまーす。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-15 12:31 | ゆっくりいきる

とまどいながら、お盆の準備

立秋の次の日から、夜になると虫の音が聞こえ始めました。

リリリリリ~って、鈴虫?コオロギ?
こんなに近くで虫の音を聞いたのは久しぶりな気がします。

虫の音は、夜が明けるころにはピタッと止んで
蝉の声にバトンタッチ。
自然ってスゴイ。

急に秋めいてきた長野。
明日からお盆入りなので、
今日はお仏壇を掃除したり、盆提灯を組み立てたり・・・
忙しそうなりゅうちゃんの作業を、見ているだけの私でした。

c0197248_15272167.jpg


15日には親戚が集まるので、その準備も必要です。
東京では盆も正月も関係なく過ごして来た私にとっては
未体験のことばかりで、ちょっとオロオロ。


これは「かんば」といいます。↓
c0197248_15272128.jpg


白樺の木の皮を乾燥させたもので、
長野では13日に玄関でこのかんばを焚いて、ご先祖様を迎えるそうです。
15日には送り火として、お墓の前でかんばを焚きます。
白樺は油をたくさん含んでいるので、良く燃えるそうです。


季節の移り変わりや、古くからの風習に自分の生活をあわせながら
少しずつ馴染んでいけたらいいなと思います。

昨夜は、長野の友人たちに長野の方言をいろいろ教えてもらいました。
耳慣れない方言が、日常生活で使われています。
私もいつか自然に方言を使う日が来るのでしょうか?

あせらず、ゆっくり、ゆっくりですね。
[PR]
by miauen_nanako | 2010-08-12 15:27 | ゆっくりいきる


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧