「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

六義園の枝垂桜

c0197248_1583053.jpg


c0197248_1594798.jpg


c0197248_202453.jpg


東京文京区にある庭園「六義園」の枝垂桜に引き寄せられて
集まった人、人、人。

私もその中のひとり。

ライトアップされた妖艶な枝垂桜の樹齢は60年。
思ったより若い。

柵に囲われ、スポットライトを浴び、あちらこちらから写真を撮られ、
六義園の枝垂桜は喜んでいる?
桜のみぞ知る。


春の訪れにうかれる花見の宴は、やはり昼間が相応しいと思いました。

六義園の夜桜を見ていると、なんだか桜の声が聞こえてくるようで、
とてもしらふではいられない。

(いずれにしても、sake 呑んでいます 笑)




六義園の「六義」とは、
『古今和歌集』の序文にかかれている「六義」(むくさ)が由来なんだそうです。
「六義」(むくさ)とは、詩の分類法のことで、
風・賦・比・興・雅・頌をのことなんだって。(←聞きかじり)

徳川綱吉将軍をお迎えしようとして、立派な「六義」の庭園をつくったけれど
結局、殿はいちどもお越しにならなかったそうです。

c0197248_204684.jpg


*************************************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-27 22:55 | ゆっくりいきる

荒木さんの持論

六ヶ所再処理工場
5月試験再開延期へ
再処理工場完工さらに遅れも


この件で、今朝、青森の荒木さんからお電話をいただいた。

■荒木さん
「日本原燃が昨日、再開の見通しを示さないまま無期限ともとれる延期を発表したよ。
 今日の朝刊に載ってる。」


■私
「え、無期限延期?このまま再処理中止?」

■荒木さん
「いんや違う。やはり『最初から再処理なんてやる気がなかった』ということだ。
 このままずっと延期していれば、『いずれ再処理する』というタテマエで
 あと40年は原発続けられるし、原発続けるのが一番『金』になるからなぁ」


これは、荒木さんがずっと言い続けている持論で
再処理工場を本稼動させてしまうと、ちゃんと結果を出さなくてはならないので
ずっと「アクティブ試験」のままのほうが何かと都合がいいはずだ、というのです。

再処理工場は、このまま事態を先送りし続け
「いずれ再処理するために」という名目で、
日本中の原発から発生する劣化ウランの引き取り先になっていれば
あと30~40年は、のらりくらりとごまかしながら日本の原発産業を続けられる。 

というのが、荒木さんの見解です。

■荒木さん
「40年後には、ウラン鉱石も採掘しつくしているであろうし
 今稼動している原子力発電所はどんどん老朽化して、
 とんでもない事態になっているだろうからな。
 そうなったころに『40年前の日本のエネルギー政策は間違っていました』
 って、 誰かがいうだろう という魂胆だ」


■私
「え゛~!このままずっと先送りって・・・
 貯蔵プールに溜まっている高レベル廃液はどうするわけ?」


■荒木さん
「どうもしないよ。あのままだ。
 あの高レベル廃液は大事な担保というか、いわば人質だからな」


再処理工場内に高レベル廃液がある限り、再処理工場を閉鎖することはできないので
このまま「ガラス固化体ができません」といい続けて、にっちもさっちも行かない状態を
維持し続けるつもりらしいと、荒木さんはおっしゃいます。

日本原燃で働いている方々に、荒木さんがこの話をしても聞いてはもらえないそうです。
原燃で働いている人たちは
「いずれきっと再処理工場を稼動させることができる」
と信じ、真面目に働いています。


■私
「40年経たないと、本当のことがわからないってこと?
 私も荒木さんも、もうこの世にいないよぉ・・・」


■荒木さん
「いんや!オレは杖ついてでも生きて、見届けてやる!」

日本の原子力政策には、まったくもって納得がいきませんが、
荒木さんが90歳まで長生きするだろうということは、納得した。



3月27日に配信された、読売新聞の記事(青森県版)です。

5月試験再開延期へ
再処理工場完工さらに遅れも
 

使用済み核燃料再処理工場(六ヶ所村)の
高レベル放射性廃棄物「ガラス固化体」の
製造試験が中断している問題で、日本原燃の鈴木輝顕副社長は26日、
5月に予定していた試験再開が困難であるとの見通しを明らかにした。
溶融炉内の耐熱レンガが損傷したトラブルの原因究明が遅れているのが要因で、
8月に予定していた完工時期も大幅にずれ込みそうだ。

鈴木副社長は、試験再開時期について、県庁内で記者団に対し、
「(1月の)社長記者会見後、いろいろトラブルが出てきたものもあるので、
5月というのは厳しいのではないか。再開の時期は分からない」と語った。

児島伊佐美社長は完工の延期を発表した1月末の記者会見で、
5月に製造試験を再開、8月に完工とのスケジュールを示していた。
しかし、その後、新たな高レベル廃液漏れトラブルや
建屋内のクレーンの故障などが相次ぎ、試験再開のめどがたっていなかった。

一方、蝦名武副知事は26日、県庁内で鈴木副社長と面談し、
再処理工場で相次いでいるトラブルに関し県議全員に経過報告することを指示。
県は当初、県議会の全員協議会で説明を求める方針だったが、
トラブルの原因解明が大幅に遅れているため、
途中段階でも説明を求める必要性があると判断した。

(2009年3月27日 読売新聞)

[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-27 15:15 | エネルギーをかんがえる

東京の高校生九条の会

2009年3月21日(日)

御茶ノ水での用事をすませて家に帰る途中で こんな催しを発見!
c0197248_1355658.jpg


覘いてみたら、入場無料・予約不要だというので会場に入ってみました。

うわっ!なんとそこには、150名を超える人たち。

しかもほぼ全員高校生!
大人は私を含め数えるほどしかいません。
9条の会でこんなに若者が集まっているのを初めて見ました!


「東京の高校生九条の会」交流集会 (←集会だよ)
Peace Party 9

まずは、この会のキャプテン粂田くん(1990年生まれ)の
次のような言葉で始まりました。

c0197248_1340629.jpg


ぼくは戦争に行きたくありません。
ぼくの友人は高校を卒業して就職先が決まらず、自衛隊に入りました。
友人は『自衛隊は給料もいいし、戦争もいい経験かもね』と言いました。
ぼくは、そうは思いません。
普通に生活したい高校生が自衛隊に入隊せざるを得ない日本社会はおかしい!
こんないいやつが戦争に行く理由なんてない!
ぼくは憲法9条を守ろうという気持ちが大きくなりました。


このメッセージに続いて

●「平和のために必要なものは何だと思いますか?」と
渋谷や原宿にいる高校生たちに聞いたピースメッセージの紹介

●映画「パッチギLOVE&PEACE」の上映

●ゲストの井筒監督と高校生とのパッチギトーク

●東京の高校生9条宣言


と続きます。めちゃめちゃ濃い内容です。
「パッチギLOVE&PEACE」は見逃していたのでラッキー!


井筒監督登場
c0197248_13556100.jpg


ステージと会場で熱いトーク
すごく面白かった!

c0197248_1355668.jpg

c0197248_1355679.jpg


そして、高校生による9条宣言
c0197248_1355626.jpg



高校生による9条宣言の一部を抜粋して記しておきます。

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

(前略)
間接的に戦争の協力者になっている今の日本をどう思いますか?
日本が本来果たすべき役割は、世界の人々と手をつないで、9条を広げ
世界から戦争をなくしていく力になることではないでしょうか?

(中略)
2011年には憲法を変えるための国民投票が準備されています。
投票権は18歳以上にあるので、私たち高校生にも関わる大きな問題です。

(中略)
私たち一人ひとりの力は小さいかもしれないけれど、決して無力ではありません。
私たち高校生が、もっと知り、声をあげていくことが 
戦争をなくしていく大きな力になります!
いっしょに手をつないで、9条の会をつくり、平和の輪を広げていきましょう。


●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●


ん十年前、
高校生だった私は、日本国憲法のことなど気にもかけていませんでした。
なんせ日本国憲法全文をちゃんと読んだのは去年のことですから。。。
(威張れたもんぢゃない・・・汗)

う~ん。
高校生がガンバって、このようなイベントをしなくちゃいけない時代なんだね。
とても素敵なイベントだったけれど、気分は複雑です。

東京の高校生9条の会のブログはこちら
http://peaceparty9.seesaa.net/


*********************************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-26 13:05 | いのちをまもる

おともだち


あかい くまちゃん
c0197248_863995.jpg


だいすき 
c0197248_865492.jpg


ひなたには、赤がよく似合うのです。

*************************************************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-25 08:08 | ひなたのこと

内閣府の2009年度版「原子力白書」

内閣府 原子力委員会から
平成20年版原子力白書が公表されました。

その一部を抜粋します。

高速増殖炉サイクル技術の研究開発については、
第3期科学技術基本計画において国家基幹技術に位置づけられており、
原子力機構が中核となって、官民が連携・協力して、
高速増殖炉サイクルの実用施設及びその実証施設の概念設計並びに
実用化に至るまでの研究開発計画を2015年に提示することを目指して
「高速増殖炉サイクル実用化研究開発」を進めている。

しかしながら、
高速増殖炉の実用化に向けた研究開発の場として重要な施設である
高速増殖原型炉「もんじゅ」については、平成20年度中の運転再開が
期待されていたところであるが、
プラント確認試験期間中にナトリウム漏えい探知機の誤作動等
のトラブルが相次ぎ、原子力安全・保安院の特別監査で安全管理体制等の
不備を指摘されるなど、現在も運転を停止している状況にある。

また、新潟県中越沖地震の経験を踏まえた耐震安全性に係る確認にも
時間を要している。



六ケ所再処理工場は、我が国の核燃料サイクルの中核施設であるため
ガラス固化施設の運転条件を確立して、着実に操業段階に移行して行く
ことが重要である。

一方、本施設は国内初の商業規模の再処理施設であるため、
今後も様々な故障、トラブルに遭遇することが予測されるが、
安全の確保を前提として確実に克服していくことが必要である。



今年の原子力白書で
「今後も様々な故障、トラブルに遭遇されることが予測される」と明記されました。
これは、相当苦しい(=危険な)状況とみなしてよいのではないでしょうか?

もう無理しなくていいよ~。
「責任取れ!」とか「上乗せされていた電気料金返せ!」とか言わないから、
もう止めて、方針転換していいよ~。

って、空気をつくれば・・・

再処理や~めた!

って、なりそうだよね。 だって、実態を知れば知るほど「無理」なんだもん。

再処理を止めさせることができれば、
流れはドドド~っと脱原発に~!!

*************************************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-24 20:47 | エネルギーをかんがえる

おてんば ひなた

突撃ぃ~!

c0197248_2251121.jpg



**********************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-23 22:50 | ひなたのこと

「食」から世界を変えていく人

酵素玄米と自然食の店
ウッドベルP


埼玉県狭山市にある 自然食レストラン ウッドベルP
春分の日にお友だちのMちゃんとSちゃんと3人で、プチ旅行気分で行ってきました。

Pは、PLAN・PROJECT・PLAY・PARTNER の意味なんだって。

c0197248_21523489.jpg

(店頭の写真をベルPさんのHPからお借りしました)

会社の本体は、
生ゴミを微生物で有機質肥料に変える機器を作っているベンチャー起業だそうで、
その有機質肥料を使って栽培された「野菜の本当のおいしさ」を
もっとたくさんの人に知ってもらうために、レストラン事業を展開。
今年の3月でレストランを開業されて6年になるそうです。

c0197248_2156730.jpg



酵素玄米と旬の野菜の和え物や酢の物が楽しめる
オールベジタブルのごはんプレートは1日に限定20食。
1つ1つ手が込んでいて、野菜の旨味が生かされていて。。。

泣けるほどおいしい!

c0197248_220582.jpg



「毎日毎日、これをお一人で20食もつくるのは、相当な想いがないとできないなぁ」と
もぐもぐ味わいながら、ひたすら感服・感謝でした。

お友だちと食事を終えて、
ウッドベルPの運営と料理を担っている
店長の水野さんにお話を伺うことができました。
水野店長は笑顔の素敵な、優しい女性です。

生ゴミの再利用をビジネスにしていた会社が、何故レストラン経営をしているのか?
とお尋ねしたら、

「農と人の生活をつなぐため」と答えてくださいました。

本当においしい野菜の味を知ったら、またその野菜を食べたくなるはず。
そういう人が増えれば増えるほど、小規模で有機栽培を行っている農家さんの
収益となって、またおいしい野菜をつくってもらえる。
そしてウッドベルPが開発した有機質肥料製造機も売れる!

埼玉県の狭山市から川越市にかけてというローカルなエリアで
そのようなしくみづくりを行っているそうです。


まさに循環型経営!
埼玉版やまずめぐるだ!
近代農業を推進するJAのしくみを、そのまま超ローカル&有機に換えたってことですね。

そもそも、農協の本来あるべき姿は、こういうことだったんだろうな。

水野店長さんは、ほんわかした笑顔で云いました。

「このビジネスで大成功して、ウッドベルPのTVCMを打つことで
世の中の農と食のあり方を変えることが夢なの。
たとえ私がいなくなっても、その夢を継承できる場を
今つくっているんだよね~」


「食」に深く携わっているひとは、いのちに近いところにいるので
発する言葉が、ダイレクトに伝わってきます。

お金儲けを一番に置くのではなく
手間ひまかけても、本当においしいものを皆が食べられるしくみづくりを一番において
結果、ビジネスとして成功させようという、人生をかけた取組み。
かっこいいです!!!

*****************************************

TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-23 22:39 | ゆっくりいきる

カメラ目線


カメラ目線、ゲット
c0197248_111961.jpg



あ痛たた

c0197248_116169.jpg


****************************************
TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-21 01:18 | ひなたのこと

1年が経ちました

去年の3月
「こっちだよ~」と言って、手招きされた道を歩きはじめてみました。
ただひたすら 導かれるままに・・・、当時はそれしかできなかった。


あの日から1年が経ちました。


今日は、この1年の間に次々ともたらされた、
数え切れないほどの優しい出会いをかみ締める日にします。

迎え入れてくださってありがとう。
ずっと見守ってくださってありがとう。

心からありがとうです。

2009年3月20日 nanako

**************************************
TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-20 11:02 | ゆっくりいきる

つぶやく、ひなた


「おかあさん ごはん まだですか?」

「うん、わかってるわかってる。ちょっと待ってて~!」 の図


c0197248_1483510.jpg


***************************************************
TOMOCHAN GANBA !
[PR]
by miauen_nanako | 2009-03-19 14:10 | ひなたのこと


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧