<   2009年 06月 ( 20 )   > この月の画像一覧

20世紀のスーパースター

Michael Jackson 50歳。
私と同世代のスーパスターが、またひとり旅立ちました。


私が12歳のときにはじめて聞いた「ベンのテーマ」。
http://www.youtube.com/watch?v=aSqo17o2a1w&feature=player_embedded


衝撃でした。
ラジオから流れるマイケルの歌声に
私のからだは固まり、勝手に涙が流れてきたことを
今でも鮮明に覚えています。

そして、母親にねだって買ってもらった小さなカセットデッキで
ジャクソン・ファイブのテープを何度も何度も、
テープが伸びきるまで聞きました。


1987年の初来日。
http://www.youtube.com/watch?v=2YRqUZzWVQ8&feature=player_embedded


私は横浜球場でのステージに酔いしれていました。
今では考えられないような、ものすごい演出のステージ!
まるでイリュージョンだった。
「マイケルの手袋になりたい」と心から思った。


ずーっと見ていたい、ムーン・ウォーク。
http://www.youtube.com/watch?v=xKBLxh3u0tM&feature=player_embedded




Michael Jacksonが旅立って、本当に20世紀は終わりを告げたようです。

でも、彼が老いていく姿は見たくなかったから・・・
(おそらく、マイケル本人が一番そう思っていたのでは?)

いろいろな想いを込めて、ありがとう。
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-26 11:40

Michael Jackson

Der "King of Pop" ist tot.


c0197248_892975.jpg



Der US-Pop-Star Michael Jackson ist übereinstimmenden Medienberichten zufolge tot. Er starb demnach überraschend im Alter von 50 Jahren in Los Angeles. "Michael Jackson wurde am Nachmittag von den Ärzten für tot erklärt, nachdem er ins Koma gefallen war und Krankenhaus gebracht worden war", meldete die "Los Angeles Times" auf ihrer Internetseite unter Berufung auf Mitarbeiter der Stadtverwaltung. Damit bestätigte die Zeitung Angeben des Internetportals "TMZ". Auch der US-Fernsehsender CBS berichtete unter Berufung auf eigene Quellen vom Tod des Sängers. Den Berichten zufolge erlitt der ehemalige "King of Pop" in seinem Haus einen Herz-Kreislauf-Stillstand, wurde zunächst wiederbelebt und ins Krankenhaus gebracht.

Jackson feierte in den 70er Jahren mit seinen älteren Brüdern als "Jackson Five" Erfolge, die er mit einer Solokarriere in den 80er Jahren noch übertrumpfte. Er hatte insgesamt 13 Hits, die an Platz Eins der Charts standen. Er hat 13 Grammy Awards erhalten und schätzungsweise 750 Millionen Platten verkauft. Das Album Thriller brach alle Rekorde der Musikindustrie. Mit über 50 Millionen verkauften Platten ist es das erfolgreichste Album aller Zeiten. Zu seinen größten Hits gehörten "Thriller" und "Billie Jean".

Jackson sollte am 13. Juli in London das erste von einer Serie von 50 Comeback-Konzerten geben, die bis März 2010 geplant waren. Der Auftakt war um eine Woche verschoben worden. Die Terminverschiebung habe organisatorische Gründe, hieß es damals. In den vergangenen Jahren wurden immer wieder Sorgen über seinen Gesundheitszustand laut.

Michael Joseph Jackson wurde am 29. August 1958 in Gary im US-Bundesstaat Indiana geboren und wuchs mit fünf Brüdern und drei Schwestern auf.


c0197248_8102530.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-26 08:11

【お知らせ】7月3日(金)は再処理工場<超入門講座>

7月は、イベントやセミナーが「めじろ押し」です。

「めじろ押し」=
メジロが木の枝にとまるとき、押し合うように沢山並んでとまる様子。(広辞苑)



【転載大歓迎】

再処理工場のことをもっと知りたい!!
と思った人のための【超入門講座】vol.2


日 時:7月3日(金)18:30~21:00
場 所:総評会館5階501会議室
    (JRお茶の水駅、地下鉄丸ノ内線小川町下車)
     http://www.sohyokaikan.or.jp/access/
資料代:¥500
解 説:澤井正子(原子力資料情報室)
主 催:再処理工場を知る会(TEL  03-3357-3800 :永井・澤井)


この【超入門講座】は、6月16日にVol.1が開かれました。

米原S太君という23歳の若者が、脱原発の母(?)澤井正子さんに
「ぼくに、再処理工場のことを教えてください!」って電話をしたのがきっかけでした。

快諾してくださった澤井さんが、「せっかくなので勉強会を開きましょう!」と、
急遽【再処理工場・超入門講座】が設けられました。

みんな、フットワーク良すぎ!(笑)

Vol.1では、
「火力・原子力・水力発電の違い」
「日本の電力会社が市場を独占している理由」
「原子力発電のしくみ」
「マンハッタン計画」(広島と長崎に投下された原爆の計画)
「放射能(放射性物質)とは」
「プルトニウムとは」

など、核燃料サイクルの話を理解するために必要な超基礎的な話を
とてもわかりやすい言葉と資料で、教えていただくことができました。

さすが脱原発の母! 澤井さんの話は本当にわかりやすかった!

Vol.1での講義内容は、
とりあえず(toriaez)こちら をご覧下さい。
渾身のレポートです。


【超入門講座】vol.2では
「核燃料再処理のしくみ」
「22マイクロシーベルト(放射線量の閾値)のからくり」
「六ヶ所再処理工場のコスト」 
などを予定しているそうです。

澤井さんが、聞き手のレベルに合わせてお話をしてくださいますので
「原子力なんて難しくて理解できないよ」と思っている方
「国が安全だって言っているから大丈夫なんでしょ?」と思っている方は
ぜひ一度、澤井さんのお話を聞いた上で、考えてみてください。
(Vol.1の会に参加していなくても、大丈夫です)

私は、この1年間のあいだに本やDVDやいろいろなセミナーで
原子力や核燃料再処理のことを学んできましたが
今回は「そもそも」のところから体系立てて教えていただいたことで
かなり頭の中の整理ができました。

そして、自分が暮らす国の「エネルギー」について、事実を知った上で
ひとりひとりが、あるいはみんなで考えることは
「とてもクリエイティブだな~って」思えるようになりました。
(・・・少し前までは、絶望感に浸っていた)


つい先ごろ、国が「原発推進強化策」を発表しました。
「地球温暖化防止のため」 が大義名分ですが、
はたして本当でしょうか?。039.gif

2009/06/18 22:49 【共同通信】
「経産省が原発推進強化策 20年に発電比率40%に」
http://www.47news.jp/CN/200906/CN2009061801001113.html

経済産業省は18日、
発電の過程で温室効果ガスを排出しない原子力発電の比率を
2020年時点で40%程度に増やし、地球温暖化防止に積極活用するべきだとする
原子力発電の推進強化策をまとめた。

強化策はまず、原発の利用効率を向上させるため、
1月に導入された定期検査間隔延長を生かした運転期間の長期化や、
運転中の検査・補修の拡大などをそれぞれ推進するとした。

計画中の18年度までに9基の原発増設は着実に推進。
30年前後に本格化する原発の建て替え時期を視野に、
需要の少ない時期に定格出力以下で運転する方法の導入や、
計画から建設までの期間短縮など、電力会社の運用を柔軟にし、
投資リスクを軽減する施策を講じる。

一方、使用済み核燃料を再処理して、
抽出したプルトニウムを再利用する核燃料サイクル政策は
「確固たる国家戦略として」推進すると強調。


原発でプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を使う
プルサーマルの早期実施に向け業界を挙げて取り組むことや、
使用済み核燃料の中間貯蔵施設の立地、
再処理で発生する高レベル放射性廃棄物の処分場の選定を進める。


これを読むと政局の混乱を前に「お上」が焦り出した 
ようにも感じ取れます。

これまでのように「お上」に白紙委任するのではなく、
市民がエネルギーの事をちゃんと考えるチャンスだと思いました。

新しい時代がそこまで来ている気がします。
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-25 12:25 | Information

種入り粘土だんご

「種入り粘土だんご」をもらいました。
直径1.5センチほどの、小さなおだんごです。
ピスタチオとほぼ同じくらいの大きさ。

c0197248_2054021.jpg


粘土だんごには、種といっしょに肥料を混ぜて、丸く固めてあるそうです。
中の種は何だかわかりません。
なにかの野菜かハーブらしいです。

種入り粘土だんごは、そもそも砂漠の緑化を目的に考えられた方法とのこと。
こうしておけば種を鳥に食べられることなく
土が無いことろでも乾燥を防いで、発芽しやすいらしい。

とりあえず、ベランダの植木鉢に、ポンと置いてみました。
(土に埋める必要はないそうです)

c0197248_205404.jpg


無事に発芽するかなぁ?
いったい何が生えてくるのでしょうね~?043.gif
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-24 20:05 | 森をつくる

ドイツの真似っこしようよ!

ラジオが目覚まし代わりです。
059.gif
月~木曜の朝はJ-WAVEのTOKYO MORNING RADIOを聞いています。
レギュラーのパーソナリティは別所哲哉さんなのですが、今週は別所さんがお休み。
代わって日本語ベラベラのドイツ人ハーフ、サシャさんが担当しています。

番組内に「THINK GREEN, GROW GREEN」という
地球環境をテーマにしたコーナーがあるのですが
臨時パーソナリティのサシャさんにちなんでか?
今朝のテーマは「ドイツ的発想」。

サシャさんの、このような語りから↓ コーナーが始まりました。

「ドイツ的発想」

今朝は、ドイツが取り組んでいる環境対策
「ドイツ的発想」の中に<明日への選択>を探してみました。

今年の1月、ドイツに新しい国際機関
「国際再生可能エネルギー機関」が誕生しました。

太陽光・風力・バイオマスなどの利用を促進し、二酸化炭素の排出を増やさない、
再生可能エネルギーの拡大を目的とする国際機関です。

誕生に当たって中心的役割を果たしたのが、ドイツとデンマーク。
脱・原子力、脱・化石燃料を目指すドイツは、
自国の国益とも結びつけて極めて積極的でした。

風力発電設備、太陽光エネルギー。
こうしたインフラで、デンマーク、ドイツは既に大きなアドバンスをもっています。

近年、環境政策で、目覚しい進化を遂げているドイツ。
そこまでドイツを駆り立てている背景には、一体、何があるのでしょうか・・・


以下、今朝のラジオで聞いたこと・・・。


敗戦後の復興に力を注いだドイツは、世界有数の工業国になりました。
(・・・日本と同じだね)

当時、西ドイツの重工業の中心地となったのは、ルール工業地帯。
しかし「ばい煙」による大気汚染がひどく、ブラントが政権を奪取する選挙では
「ルールに青空を!」をスローガンに掲げ、選挙に勝ったそうです。

ブラント政権は1970年に、動植物の生態を守る「環境保護計画」を発表。
世界的にハイレベルな環境先進国ドイツの誕生です。

しかし、当時はまだ「エコロジーなんてエコノミー(経済活動)を妨げるやっかいもの!」と思われていたそうです。
(・・・日本と同じだね)

ところが、「エコロジー」も「エコノミー」も語源は同じ、古代ギリシャ語の「オイコス」で
「共通の価値観をもって維持しようとする地域、人々の結びつき」という意味なんだって。

現在のドイツでは、
「エコロジーとエコノミーの共生はあたりまえ」という認識なのだそうです。
(・・・日本は少し遅れているね)

 056.gif  056.gif  056.gif

話は先々週にさかのぼりますが
6月11日に日本弁護士連合会が主催の
~ドイツの再生可能エネルギー法はなぜ成功したか~
というシンポジウムに行ってきました。

ドイツ連邦環境省の方(←超エリート官僚!)のお話を聞くことができたのですが
再生可能エネルギーの拡大を国策として取組んでいるドイツの
政策・法律・企業へのインセンティブは、本当によく出来ています。


政策の細かい話は書ききれないので省略しますが
次の2つのことが、私の印象に大きく残りました!

1.
ドイツの「環境省」は、「外務省」的な役割を担っていて
国内のみならず、世界の気候変動政策のプロセスにおいて
大きな役割と責任を持っていると同時に、
「経済産業省」的な役割も担っていて、国内の原子力発電や
放射性廃棄物への責任を負っている。


2.
再生可能エネルギーの普及制度は、ドイツの全ての政党の支持を得ており
エネルギー問題を政争の具にはしない。
再生可能エネルギーの拡大政策は、この先20年間国が保障しているので
企業も研究開発者も投資家も、迷わず推進することができる。



こういう「考え方」の面で、ドイツ人は本当に合理的だよね~。

情勢が不安定な中東諸国や、ロシアにエネルギーを依存することをやめ
自前で安定的なエネルギー供給をめざすドイツ。
2020年には全エネルギーの30%を再生可能エネルギーでまかなうそうです!

日本はドイツの政策をそのまんま真似たらいいと思います。
真似っこは得意なんだからぁ・・・。

 
 
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-23 14:02 | エネルギーをかんがえる

企業と環境NPOのお見合い

2009年6月20日(土)

地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)が主催する
「環境ボランティア見本市」というイベントに
「六ヶ所あしたの森」が出展しました。

c0197248_0215848.jpg


c0197248_0224295.jpg


地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)がある青山の国連大学の敷地内に
環境NPOや市民団体、全34団体がズラリとブース出展。

お天気にも恵まれ(←晴れ女効果)058.gif
環境保全活動に関心のある若い人や
環境NPOとの協働を模索する企業の方々がたくさん来ていました。


私は「企業とNPOのマッチング交流会」に参加したのですが
なかなか興味深い内容でした。

GEICスタッフの平田さんとスピーカーの方々
c0197248_0304180.jpg


最近では、企業のCSR(社会的責任)活動の一環として
自然環境保護団体の活動に社員が実際に参加する
“協働プロジェクト”が注目されて来ているそうです。

要は、企業のCSR活動をもっと目に見えるかたちにして
株主に「このように社会貢献している会社です」って言えるような
実績づくりが求められているらしい。

ま、目的は何であれ
企業と非営利団体のコラボには“世の中を変えられる”可能性を感じます。



企業ボランティアの受け入れ経験が豊富な
「富士山クラブ」 「日本野鳥の会」 「国際自然大学校」などは
新入社員研修制度や体験ボランティア制度というメニューがあるそうで、
この日のマッチング交流会では、参加企業からのアプローチが集まっていました。

「六ヶ所あしたの森」は、まだ何の実績も無く
しかも活動拠点が青森なので
どの企業からもアプローチはありませんでした。
お見合い惨敗です (笑)

しかも、この交流会で同じグループになったメンバーに
なんと「電源開発株式会社」(J POWER)の広報室の方が!
青森県の大間原発にMOX燃料の原子炉を設置する会社です。
びび、びっくりしました。

私の自己紹介の順番がまわってきたので

「『六ヶ所あしたの森』で、広報を担当しています。
私たちは、日本の原子力エネルギー政策のメッカともいえる
青森県六ヶ所村の地に森林を再生する行為を通じて
今の私たち1人1人の電気の使い方を見直し、
未来のエネルギーのあり方をいっしょに考えよう!
という活動をはじめました。」


と挨拶をしたら、グループ内に軽く緊張が走った気がする(笑)。

グループディスカッションが終わり
電源開発の広報担当氏にごあいさつ。(無視するのも変なので)
名刺は交換してくださいましたが
「そちらの活動テーマがデリケートなので、協働は難しいかと・・・」 って、
困った表情で、逃げられてしまいました。

・・・去るものは追わず。



という感じで交流会は終了し、
その日の夜は国連大学の中庭でキャンドルナイト。


写真は露出オーバー気味に撮ってはいますが
東京の夜空はこんなにも明るく・・・。
c0197248_0483717.jpg


c0197248_0485171.jpg



サザエの貝殻を利用した廃油キャンドルは
ビル風で何度も吹き消され・・・。
c0197248_050393.jpg



「平和を鐘を鳴らす前に、1分間の静寂をつくりましょう」
という試みは、R246を走る自動車やバイクのエンジン音で破られ・・・。
c0197248_051153.jpg



静けさと暗闇が、なんとも恋しい夜でした。



こどもに好かれる“あしたの守男くん”たち
c0197248_05511100.jpg


c0197248_056964.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-22 01:03 | 森をつくる

環境ボランティア見本市に「六ヶ所あしたの森」が出展します

渋谷区青山にある
地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)というところが主催で
毎年「環境ボランティア見本市」というイベントをやっているそうです。

今年の「環境ボランティア見本市」は、
6月20日(土)に開催されるのですが(←明日じゃん)
そこに、「六ヶ所あしたの森」としてブース出展します。

そもそも「環境ボランティア見本市」とは
環境ボランティアに関心がある方々や
環境系のNPO/NGOとつながりたい企業とが
さまざまな活動団体と出会う「場」の提供を目的とした交流イベントなんだって。


私は長年生きてはいますが
環境系の活動 キャンペーンをはじめたのは つい1年前なので
世の中に、こういうイベントがあることは、全然知りませんでした。
                                        
う~ん?環境団体のお見合いみたいな感じ?(笑)039.gif


c0197248_20431510.jpg



(以下、イベント概要を転載します)
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
2009.6.20(土)     
環境ボランティア見本市 
 
       
         
 〜今年はイベント盛りだくさん〜    
 http://www.geic.or.jp/geic/2009/support/vol.html  
                                 
 UNHCR 世界難民の日 イベント同時開催      
 http://www.japanforunhcr.org/wrd2009/       
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

環境ボランティアをしてみたい方を対象に、「環境ボランティア見本市」を開催します。
話す、会う、学ぶ、買う、作る、描く、聴く、鳴らす、を通じて
環境ボランティアに一歩踏み込んでみませんか?
この夏、あなたを待っている団体がきっとあるはずです。

・環境NGOと直接話す団体ブース
・企業とNPOが出会い、社会貢献について話すマッチング交流会
・まずは知ることから始める勉強会
・新鮮でおいしい近郊野菜マーケット
・のんびり休んでドネーションもできるカフェ
・廃油でつくるキャンドル
・みんなで描くオーガニックコットン
・音で感じるエコ
・平和への願いを鳴らす鐘

など、さまざまなイベントを通じて、
環境ボランティア見本市で素敵な出会いを見つけに来て下さい。


*当日、会場では、廃食油を回収しています。捨てるつもりの油がございましたら、
 お持ちください。その油でキャンドルを作ることもできます。


【概要】
○日 時:2009年6月20日(土) 13:00〜21:00 近郊野菜マーケットは11:00〜
○主 催:地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
○共 催:ジャイラ・メディアアート・アクト(JMAA)、ウィメンズショップパッチ
     ワーク、アースデイマーケット、株式会社ユーズ、トウキョウ・ミルキー
     ウェイ、以下参加団体
○協 賛:株式会社パノコトレーディング
○後 援:渋谷区
○協 力:国連ボランティア計画
(特活)横浜アートプロジェクト、青山学院高等部ハンドベル部、
     Kaji-G&根っこ、万城目純+ホワイトダイス
○参加費:無料(懇親会は500円)
○会 場:地球環境パートナーシッププラザ(GEIC)
     東京都渋谷区神宮前5-53-70 国連大学ビル1F
     表参道駅より徒歩5分、渋谷駅より徒歩10分
     http://www.geic.or.jp/geic/intro/access.html#geic


【出展ボランティア団体ブース】

(特活)アースウォッチ・ジャパン
(特活)アースデイマネー・アソシエーション
(特活)アーバンエコロジー東京
(特活)えがおつなげて
(特活)エコツーリズム・ネットワーク・ジャパン
(特活)オーガニック協会
(特活)環境修復保全機構
環境応援団いっぽ
環境文化NGOナマケモノ倶楽部
コーラルネットワーク
(特活)国際協力NGOセンター
国際交流NGOピースボート
(特活)国際自然大学校
コンサベーション・インターナショナル・ジャパン
(特活)サービスグラント
(特活)自然環境復元協会
シブカサ
(特活)JUON(樹恩)NETWORK
(特活)樹木・環境ネットワーク協会
(特活)棚田ネットワーク
(特活)地球映像ネットワーク
(特活)地球緑化センター
(特活)東京港グリーンボランティア
(特活)NICE日本国際ワークキャンプセンター
(特活)日本渚の美術協会
(財)日本野鳥の会
はじめる自給!種まき大作戦実行委員会
(特活)富士山クラブ、ボランティア・ホリデー
(特活)緑の家学校
MAKE the RULE キャンペーン実行委員会
(特活)よこはま里山研究所(NORA)
「六ヶ所あしたの森」設立準備委員会
国連ボランティア計画
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


↑ 上に記載した33団体が「環境ボランティア見本市」イベントの出展団体です。

「六ヶ所あしたの森」事務局長Y.Y氏は
「古くから環境に取組んでいる団体ばかりが出展するイベントなんですよ~!」と、
盛り上がっていましたが
私は「ナマケモノ倶楽部」と「シブカサ」と「日本野鳥の会」くらいしか知りません(笑)。

お勉強を兼ねて、ブース出展を手伝って来ます。
「企業とNPOマッチング交流会」という企画には興味津々です。
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-19 21:05 | Information

KAIくんの曲は80年代の香りがする 

2009年6月17日(水)
鎌倉生まれ・鎌倉育ちの「KAI」くん
メジャーデビュー


お友だちのTOMOちゃんのセッティングで
渋谷の桜丘カフェで開かれた、KAI くんのデビューライブに行ってきました。

本当は、前日(16日)にお誕生日だったお友だちのaiちゃんを驚かそうと
お祝いの仕込みをしていたのですが(←サプライズごっこ、大流行?)
aiちゃん本人がお仕事で来れず、
仕方なく(笑)KAI くんのライブステージに集中。

ん?んん?
KAI くん、良いではないですか~!!!

c0197248_12505041.jpg


40代以上の方はぜひぜひ、一度聞いてみてください♪
KAI くんのデビュー曲「ハーバーライト」は、
稲垣潤一や角松敏生を彷彿とさせる、
なつかしぃ~メロディラインで癒されます。

KAIくんのハーバーライトのYou Tube
http://www.youtube.com/watch?v=qObTlMV-36Q


鎌倉生まれ、鎌倉育ちのKAIくんのプロフィール
(湘南経済新聞より抜粋)
1982年生まれのKAIさんは14歳からギターを始め、
17歳から東京都内のバーなどで演奏を始めた。
2001年に米ボストンのバークリー音楽院に入学、
Professional Music科で学び、2004年に同院を卒業。
帰国後はゴスペルシンガーの「Hi Tide Harris(ハイタイドハリス)」さんや、
日本人女性シンガーの「Juju(ジュジュ)」さんなど、
さまざまなアーティストのサポートギタリストを務めていた。

KAIさんにとって大きな変化となったのは、
音楽プロデューサーでありラジオ番組のDJとしても活躍する
地元鎌倉のオピニオンリーダー的存在のジョージ・カックルさんとの出会い。
ギター演奏だけでなく歌を始めるきかっけとなり、
多くの人との出会いがあり、メジャーデビューのきっかけとなったという。


この日のライブでは、稲垣潤一の「夏のクラクション」をカバーしてくれたのですが
KAI くんの「僕が生まれた年の歌、『夏のクラクション』を歌います」というMCに
「生まれた年かい!」って、思わず椅子から落ちそうになりました(笑)。

c0197248_11254549.jpg

c0197248_1125454.jpg

c0197248_1384927.jpg


ハーフのイケメンオーラに、ちょっと気おくれしそうですが
実際にお話してみると、とても純粋でシャイな、優しい若者です。
なんだか息子を応援する母のような気持ちで楽しませていただきました~!

KAI くん、ありがとう!

そして、KAI くんを“ナンパ”して、彼の能力を開花させた方が
ジョージ・カックルさん!
なななんと、
大好きなラジオ番組「LAZY SUNDAY」のパーソナリティ
“DJジョージ”本物ではありませんか~
 016.gif

c0197248_11254577.jpg

c0197248_11254533.jpg


ラジオで聞いていたイメージ通り、とても素敵な方だった!
生の声もメチャメチャ良いです。
名刺交換させていただいちゃいました~♪♪

いくつになっても、ミーハーですみません。
TOMOちゃん、楽しい夜をどうもありがとでした。
(影の功労者はaiちゃんだね)
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-19 11:25 | たのしくすごす

祝福のオブジェ

c0197248_16521217.jpg


お誕生日の友人二人を驚かそうと企てたお友だちが
もうすぐお誕生日だったり・・・

元気になったお友だちの快気祝いも一緒にしよう!
ということになって、

とにかくみんなでたくさん祝福し合った夜。067.gif

屋上菜園で育った大きなタマネギや、新鮮なキュウリは
Mさんからみんなへのお誕生日のプレゼント。
バースデイケーキより立派な野菜たち(笑)

世界を変える妄想話は尽きず、つい朝まで・・・。

また明日からがんばります。
011.gif

【追記】
Mさんが撮ってくれた
美しいバースデイケーキの写真もアップいたします。
ロウソクの炎がきれいだ!


c0197248_1525326.jpg

[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-15 16:52 | たのしくすごす

エビス「超長期熟成」ビールを飲んでみました

エビスの超長期熟成2009【限定醸造】を飲んでみました。

うま~いっ!!!

c0197248_13395365.jpg

パッケージの柄も美しくて、
コンビニの冷蔵ケースの中で琥珀色のオーラを放っているように見えました。

このビールの仕上がり感を、女性のメイクに例えると・・・

ファンデーションがしっかり塗られ
アイメイクは手抜きせず
チークも口紅もバッチリのフルメイクなのに
「厚化粧に見えない!」
 って感じ。

車好きの友人に言わせると
「フル装備なのに“歪み”がない味」なのだそうです。(笑)

麦の甘みと旨味がしっかり味わえて
ホップの高貴な苦味(←ただ苦いだけではない!)と麦の甘みが
口の中で複雑にハーモニー♪


「エビスビールの2倍の期間をかけて熟成」しているとのことですが
そもそもエビスビール自体が長期熟成タイプなので
その2倍の期間だから、「超長期熟成」なのかな?

「超長期」の定義が気になったので
サッポロビールのお客様相談室に電話して聞いちゃいました。(笑)

まず 「『熟成』って何ですか?」って聞いたら
「しばらくお待ちください」って、しばらく待たされて
以下のような回答をいただきました。

「熟成」とは、ビールの仕込み~発酵工程が終わった若いビールを
約0℃のタンクで寝かす段階のことで、
超長期熟成は通常のエビスビールの2倍の期間じっくり貯酒※しています。


(※サッポロビールではこの工程を「貯酒」と呼んでいるそうです)

次に 「では、通常のエビスビールは何ヶ月貯酒しているのですか?」と聞いたら
「しばらくお待ちください」とまた、しばらく待たされて

工場のさまざまな条件によって異なるため
一概には言えませんが2ヶ月くらいです。


との回答をいただきました。

最後に「超長期熟成ビールの販売期間はいつまでですか?」って聞いたら
これには即座に

ただ今出荷している製品が無くなり次第、販売終了とさせていただきます。

との回答をいただきました。

久々の超プレミアムビール!
大人買い(ケース買い)しなくちゃだわ!

サッポロビールのお客様相談室のオネイサン、ありがとう058.gif
細かい質問してゴメンネ。

**********************

ところで、同じサッポロビールなのですが
こちらのビールは「限定醸造」の意味がわからない
コメントのしようがない、ごくフツーのビールでした。

c0197248_1339544.jpg


サッポロビールの中でも、エビスビールの商品開発体制は
きっと、全く「別物」なんだろうな~って思います。
[PR]
by miauen_nanako | 2009-06-13 13:39 | ビールをあじわう


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧