人気ブログランキング |

<   2009年 02月 ( 32 )   > この月の画像一覧

六ヶ所再処理工場の事故

2009年2月2日(月)

廃液漏れは150リットルだった!!!

1月21日に、青森県六ヶ所村にある使用済み核燃料再処理工場で
高レベル放射性廃液が漏れる事故が起こりました。
その時の日本原燃の発表が東奥新聞で、このように報道されました。

日本原燃は二十二日、六ケ所再処理工場の高レベル廃液ガラス固化建屋で、配管から高レベル放射性廃液が漏れるトラブルがあった-と発表した。漏れた場所は、セル(コンクリートで密閉した部屋)内で、外部への放射能漏れなどはないという。原燃は約二十リットルの廃液を回収し、漏れた量に相当するかどうか確認している。


20リットルの廃液漏れだってとんでもない大事故なのに、
ほんとうは廃液漏れはなんと 150リットルだったそうです。

以下、友人から届いた「岩手の会」からの情報を転載します。

1月21日に六ヶ所村核再処理工場のガラス固化建屋セル内で
高レベル廃液21リットルの漏れ(B情報)が報じられました。

ところが、後日マスコミは150リットルの廃液漏れであったと報じました。

原燃のHPでは「高レベル廃液ガラス固化建屋固化セル内での滴下の発見について」
(原因・対策掲載)と本質をはぐらかす見出しで公表しています。
実際の漏えいが約150リットルであったことは資料をよく見なければわからないようになっています。

原燃のトラブル情報区分の考え方によれば、100リットル以上の放射性物質の漏えい
はA情報になり速やかにプレス公表することになっています。それをB情報で済ませよ
うとしてしているように伺えます。


ことの詳細を、是非コチラで!
高レベル廃液漏れは深刻です!!!

六ヶ所再処理工場は、現在アクティブ試験中です。
2007年11月から、高レベル放射性廃液を地層処分または長期保管(数百年!)
するために「ガラス固化体」に閉じ込める工程を何度も何度も試験していますが
失敗、トラブル、事故だらけで、もうボロボロなのです。

昨年11月には試運転を完了する予定が、今年2月に延期したばかりだった。
そして今回の事故で今年8月にまた延期されました。

つまり、ガラス固化体は不可能なんです!

ということは、六ヶ所再処理工場の廃液貯蔵プールには、
高レベル廃液は貯まる一方。。。
もし、大きな地震が起きたら。。。
残念ながら、事態は壊滅的です。

※追記です
      不安を煽ることが私のブログの目的ではありませんが
      コトの重大さをお伝えしたくてこのような表現をしています。
      放射能汚染は、私たちの想像をはるかに超えて危険で深刻です。
      危険性の過小評価は、それこそ危険だと思っています。

     
      

日本の原子力エネルギー政策は、とっくに破綻しています。
でもそのことを国民に知られたくないので、ちゃんとした報道がされません。
ドイツでは1998年の政権交代の時に、原発廃止が決定されています。
by miauen_nanako | 2009-02-02 01:13 | エネルギーをかんがえる

木に魅せられた建築家のことば

2009年1月30日(金)

「自然」と「建築」について考える

木、石、土、紙・・・
自然素材を魅力的に取り入れた、数々の建築物を残している
建築家のお話を、「みなと森と水の会議」で聞くことができました。

隈 研吾 くまけんご
建築家
1954年横浜生まれ。
1979年東京大学建築学科大学院修了。
コロンビア大学客員研究員を経て、隈研吾建築都市設計事務所主宰。自然と技術と人間との新しい関係を切り開く建築を提案。2001年より慶應義塾大学理工学部教授。



バブル崩壊で、建築の仕事が急激に減り、暇で暇でしょうがなくなったときに
高知県梼原(ゆすはら)町にある、木造の芝居小屋「ゆすはら座」を見にいくことになり
これが転機となって、「コンクリートの建築」から「木の建築」に転化したそうです。

高知県・梼原町の庁舎は、地元の材をふんだんに使った、梼原町が世界に誇る建造物。
隈研吾さんの代表作です。


一見コワモテの隈研吾さんから発せられる「ことば」の1つ1つに
これからの生き方を示唆するキーワードが満載。
しかも「ことば」に迷いが無い!
チャレンジし続ける大人の男!
かっこいいです。

【私の備忘録として、心に残った「ことば」を記しておきます】

■日本では一級建築士が「コンクリート」、二級建築士が「木造」をやっているけれど
 これは逆ですね。コンクリートの建築は木の建築より簡単なんです。

■日本の大学ではコンクリートの建築しか教えてくれません。

■木の建築は「すきま」とか「うごき」とかを判った上で調整しないといけないので難しい。

■そもそも日本には「建築家」はいなかった。
 庭師が庭のデザインに調和する建築物を考えていたんです。

■だから「自然と建築の調和」は日本のお家芸であり美徳なんです。

■ナチス政権のドイツから日本に逃げてきた建築家ブルーノ・タウトは
 「日本は環境や自然との“関係”の建築だ」と、桂離宮を見て感動のあまり泣いたという
 逸話があります。

■今のゼネコンの仕事は、サッシやタイルや建材物を手配し下請けに振り分ける
 いわば「アセンブリ仕事」。

■ゼネコンが仕切っている仕事は、建築家と職人が直接やりとるすることを禁じられています。

■梼原町の庁舎は地元の工務店やたくさんの職人達と直接やりとりをしました。
 これが大変楽しかった!

■世界中で仕事をしているが、日本の職人は本当にすばらしい!
 木、石、土など、自然の材をこれほどまでに丁寧に美しく仕上げる技術が
 日本中のいたるところにあります。

■木の加工技術も日本は大変優れていて精度が高い。
 日本の建築に木を使わないのは「損」なのです。

■ヨーロッパでも木は見直されており、不燃の技術やジョイント技術がどんどん進んでいます。

■失われつつある日本のクラフトマンシップは、
 木の暮らしを取り戻すことでよみがえると思います。

■都市に居ながらして森にできる貢献は、木を使うこと。
 (耐火、耐震強度などの)法律も見直されており、可能性はどんどん広がっています。

■石油に依存できなくなり、金融システムのからくりにみんなが気が付いた時、
 日本の自然がもっている循環型の材はもっともっと注目されるでしょう。

■梼原村、北上川、新潟の高柳町・・・、どのプロジェクトも限られた予算の中で
 「やる気」や「行動力」のある町長さんや課長さんが頑張ってくれました。

■自然との共生は、頭で考えるんじゃなくて、身体で感じることだと思います。
 頭は間違えることがありますから。
 それは必要か、不必要か? 気持ちが良いか、悪いか?
 ちゃんと身体が嗅ぎ分けていくから、 それに正直になることじゃないでしょうか?




・・・私は、ちゃんと身体で嗅ぎ分けられているだろうか?
  だいぶ自然が足りない気がしてきました。
  森林浴したいです~!

c0197248_0221782.jpg

              身体で嗅ぎ分ける天才 ひなたのひなたぼっこ








 








 
 
by miauen_nanako | 2009-02-02 00:14 | 森をつくる


変なブログタイトルですみません。猫と暮らしながら、ドイツな生き方を探っています。1960年 東京生まれ。


by miauen_nanako

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
いのちをまもる
ゆっくりいきる
エネルギーをかんがえる
たのしくすごす
森をつくる
Information
ビールをあじわう
ひなたのこと
ドイツのこと
長野での暮らし
しごとのこと
未分類

以前の記事

2012年 06月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月

お気に入りブログ

毎日jogjob日誌 b...
まるごと青森
kusakiの「この植物...
ベルリン中央駅
こばやしゆふ yu-...
Anton日々精進さらに
ココロール

ステキなブログ

ブログパーツ

ライフログ


モモ (岩波少年文庫(127))


エンデの遺言―「根源からお金を問うこと」


パーマカルチャー―農的暮らしの永久デザイン


パーマカルチャーしよう!―愉しく心地よい暮らしのつくり方


この国の食を守りたい―その一端として


ビールの常識―絶対飲みたい101本 (Beer ASCII)


満月をきれいと僕は言えるぞ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧